入浴後の乾燥が気になります

日々、長く湯浸かるが好きな私は、お肌がすぐに乾いてしまいます。

そこで、お肌の乾燥を未然に防ぐために、いつも洗顔後は真っ先に化粧水をつけてから、ゆったりと入浴を楽しんでいます。

しかし、真冬の時期はこれだけで済ませてしまうのは、入浴後の乾燥が気になります。

なので、化粧水に加え、保湿美容液もしっかり塗ってお風呂に入っていますが、これを試すようになってから、乾燥が大幅に改善されつつあります。

顔を洗うのは毎日おこないますが、これまではあまり洗顔料に頓着せずに入手しておりました。

とはいえ、美容の知識のあるお友達によれば、日々使用するものだからこそ、譲れない何かを持っていなければならないとのことでした。

うるおい不足な乾燥・小じわが気になる私には、保湿の効果がある成分が配合されたものやエイジングケアが可能なものが向いているそうです。

確かに、肌荒れは空気が乾いているために、目が冴えています。

そこで、お肌を守ってくれるクリームを多めに使用することをお勧めします。

乾いた肌を放っておくのはオススメできません。

なぜなら、肌をきれいにするためには、洗顔する必要がありますが、洗顔を必要以上にすると、むしろ肌を傷めてしまうからです。

朝の洗顔は行なわないか、気休め程度におこなうのが良いです。

頬の毛穴の開き具合が、歳をとるにつれて悪化しています。

例えば、前から顔を見ると、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになりました。

この毛穴をなんとかしたい、出来るだけ小さくなって欲しいと思い、日々のケアを頑張っています。

洗顔後に冷たい収斂化粧水を使用し、パッティングをするのですが、ちょっとだけ引き締まってきたように思います。

冬になるにつれ空気は乾燥していき、それに伴って肌の潤いも奪われます。

肌が乾燥してしまうと肌トラブルの要因となりやすいので、しっかりとしたお手入れが必要です。

乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも、保湿・保水といったケアを手抜きをしないようにしてください。